FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.06.14 (Mon)

ワールドカップどころじゃなかった!!

感動した!

猛烈に感動した!!

去る6月13日の22時50分頃の出来事。

2003年5月9日、小惑星「いとかわ」に旅立った日本の人工衛星「はやぶさ兄さん」が流星となって、オーストラリアに帰ってきました。

この「はやぶさ」の宇宙旅行が波乱万丈で面白いと聞いたのは、数ヶ月前。
JAXA 宇宙航空研究開発機構 
この小難しい名前の機構が僕に新しい興味を運んで着てくれました。

JAXAが打ち上げた「はやぶさ」は長い苦難の末、種子島から旅立ってから7年もかけて地球に戻ってきました。

それが、2010年6月13日の夜に、地球に戻ってきたわけです。


「事業仕分け」で事業費削減の方向でという結論に達したJAXA。しかし、その実態をみると世界初、月以外の惑星から資料を持って帰ってきた偉業!です。


予算を削られた・・・中でのJAXAの努力はすごかった。
まず宣伝広告に力を入れだした。TWITTERやU-STREAMといったソーシャルメディアを使って、「はやぶさ」の動向を逐次報告。
人工衛星「はやぶさ」を擬人化して「はやぶさ兄さん」として絵本形式で発表。宇宙科学の勉強にもなるし、そもそも絵本事態が面白い。「はやぶさ兄さん」が地球に落下して燃え尽きる時には、今、宇宙に飛び出したばかりの「イカロス」を弟分として「はやぶさ兄さん、僕は泣かないよ!」なんてつぶやきながらイカロス君は金星へ向かう風になっていて・・・・泣けてきた。


はやぶさにはNEC、IHI、富士通、日立・・・等など名だたる日本のメーカーの技術力の結集と、JAXAやメーカーの関わった人達の結晶でした。


先立つものがなければ…というのは世の常ですが、そりゃ、人工衛星なんて途轍もないものですから、数千億というお金はかかってますが、やっぱりなんといっても「情熱」が僕らの心を揺さぶってくれるんだな!と強く感動をしました。


かわって、ソフトテニス・・・てのは野暮ですね。

数日遅れでもいいので、ぜひ、JAXAと「はやぶさ兄さん」の活躍を調べてみてくださいね。
23:19  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://xystapinkfakepart2.blog103.fc2.com/tb.php/35-3b47465c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。