FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.01.18 (Mon)

更新遅いぞ! 東京インドアパート2

一週間って早いのね・・・

はい、そんなわけで、試合について。


男子
いい意味で粒ぞろい。でも、意外性があったり、荒削りというかそういうものを感じさせてくれるプレーヤーがイマイチ存在感がなかった感じです。その中で愛知学院の村上・後藤ペアの思い切りの良さは予選にアクセントをつけてくれるプレーでした。
高校生ペア、林田・巽ペアもまだまだ失うものがないはずなので、もっと暴れ回っていいんじゃないかなぁ?っと思いましたのは僕だけでしょうか?
完成した若者より、未完成の若者が同じ舞台にたつのなら、未完成の若者に期待をしますよね?大学生、高校生の違いはあるものの、村上・後藤ペアはまだまだ未完成だけど、思い切りがいいし、強引なところもあるし、意外性もある。
それに比べて林田・巽ペアは大人しい・・・ペアとしての息はあってるように見えるんだけど・・・。

インドアでの篠原・小林ペアの強さは圧巻。というか、板張り体育館での攻撃力は抜群。
しかし、それを予選で破ってしまう中堀・高川ペアの懐の深さというか、経験値はすごい。昨年の天皇杯基準にするとまだまだ仕上がってない感じがしましたので、このペアは今年もここ一番では、すばらしい活躍をしてくれるのではないかと思います。


女子
こちらも予選リーグは波乱なし・・・皇后杯からの勢いというか思い切りの良さが出てきた東田・藤本ペアですが、シュートボールが止まる東京体育館では、東田選手の球の勢いが殺されてしまい、特徴を生かしきれない感じでした。
中川・阿部ペアについても同様、中川選手の剛球から阿部選手の身体能力を生かしたプレーが持ち味ですが、どうしてもボールが止まる体育館では阿部選手もボールを絞りきれないように見えました。

決勝は、上原・平田ペアvs佐々木・大庭ペア。
佐々木・大庭ペアの「NTT西日本スタイル」の前へ出るプレーに対し、上原選手の粘りとボールコントロールは何より、平田選手の球際の強さ!!たるや見せ場を沢山作ってくれました。佐々木・大庭ペアが攻撃的ローボレーで平田選手を狙っても狙っても、平田選手の手元が固く逆にポイントされる・・・あの平田選手の手元の固さは、練習で身につくものなんでしょうか?平田選手を避けて、上原選手を動かしても、こちらも相変わらずの読みの良さとボールへの詰めの速さで攻撃できる・・・。今回の東京インドアでは、決勝ではファイナルにはなりましたが、ちょっと弱点は見当たらなかったですね。


今回は、会場がとてもよかった分、試合に集中しきれなかったのかもしれませんが、淡々とした感想になってしまいました。


個人的には、東京インドアが終わると、正月が終わった!という思いになります。
今年も恒例の東京インドア、楽しませていただきました。

選手の皆様、今年もすばらしいプレーを見せてくださいね!

こころより御願いいたしますm(_ _"m)ペコリ
16:05  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://xystapinkfakepart2.blog103.fc2.com/tb.php/14-94216cc0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。